HOME>特集>賃貸を借りるならどんな物件が良いのか知りたい人必見。種類別特徴の紹介

目次

アパートの特徴とメリット

木造や軽量鉄骨造の建物で、エレベーターはなく2階建てまでの集合住宅が、アパートと呼ばれます。アパートの定義は法律で決まってはいませんが、マンションよりも階数も低く戸数も少ないです。別名、長屋と呼ばれることもあり、昔ながらの賃貸住宅と言えます。建物自体の築年数が高く老朽化している所もありますが、大家さんや管理会社によってリフォームメンテナンスが施され綺麗に改築された住宅も見られます。高齢者が住んでいるケースも多いので、階段に手すりを付けるなどのバリアフリー工事が成されたアパートもあるでしょう。アパートのメリットは、何といっても家賃が安いことが挙げられます。木造の建物なので、通気が良いとも言えます。

マンションの特徴と魅力

3階建て以上の集合住宅がマンションです。5階以上になるとエレベーターが設置され、高層階の場合タワーマンションと呼ばれます。大規模なマンションの場合いくつかの棟に分かれ、敷地の中には公園や庭などがあります。子供たちが遊べる遊具や置かれてあるマンションも多いです。防音性の高い鉄筋コンクリート造の建物が一般的です。オートロックや管理人駐在などセキュリティ面も充実している賃貸住宅として人気があります。

一戸建ての賃貸に住むメリット

賃貸住宅の中には、一戸建て物件も見られます。主に中古物件になりますが、庭付きの所もありガーデニングをしたい人にも向いています。集合住宅ではペットを飼えないため、犬や猫を飼いたい人にも一戸建ての賃貸住宅は良いでしょう。マンションやアパートと違って隣の家が離れているので、小さい子供がいる家庭は足音や泣き声に気を遣わなくて済むメリットもあります。

広告募集中